ノーノースメルで水虫予防!?足が蒸れたままにしておくとにおいの原因に!

足の裏が痒い人

 

 

かゆい水虫…出来れば避けたいですよね。

 

足の皮がむけていると「水虫になっちゃったのかな?」と心配になっちゃいます。

 

 

足のにおいを抑えてくれる「ノーノースメル」で水虫予防は出来るのでしょうか?

 

水虫が出来てしまう原因と共に探っていきたいと思います。

 

 

ノーノースメルで水虫予防

 

足の環境を整える事ができる「ノーノースメル

 

水虫の予防をする事が出来ます。

 

ビジネスシューズ

 

 

水虫は白癬菌というカビの一種が角質に寄生して繁殖することで起こります。

 

体にも出来ますが、9割が足に出来るといいます。

 

 

足に出来やすいのは靴の中で足が蒸れて、高温多湿で菌が繁殖しやすい環境になっているからです。

 

最近では女性も仕事で一日中靴を履く機会が増えたので、水虫に悩む方が増えているようです。

 

 

水虫の人の剥がれた角質には白癬菌が生きているといいます。

 

色んな人が踏むマットとかは意外と注意が必要ですね。

 

白癬菌がいる角質を踏んでしまうと傷ついた角質から入り込み、高温多湿の環境で繁殖してしまうなんていう場合もあります。

 

そんなことにならない為にも家族みんなで予防していきたいですね。

 

 

ノーノースメルには

  • 殺菌
  • 制汗
  • 角質ケア
  • 防臭

という効果があります。

 

足を綺麗にして、汗を抑えて、角質ケアまで出来るので水虫予防になるんです。

 

 

しかし水虫治療のためのクリームではありませんので、すでに出来てしまった水虫の治療には専用のものを使ってください。

 

 

ノーノースメルはこんな悩みにも使えます

 

ブーツを履いている女性

 

 

  • 仕事やお出かけから帰ってきたとき靴の中が蒸れて大変なことになっている
  •  

  • スプレーしたり足のにおい対策を試したが効果が出ない
  •  

  • 足を洗ったりケアしているのに臭ってしまう

 

色々やってみたけどにおいが気になる…

 

そんな方は足の環境が良くないのかもしれません。

 

 

もともと足には善玉菌と悪玉菌が居るのですが、バランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうとにおってしまうんです。

 

足が蒸れた所に垢(角質)が剥がれ落ちると悪玉菌が繁殖しやすい環境になってしまいがちです。

 

 

ノーノースメルは殺菌防臭は当然の事
善玉菌を減らし過ぎることなくにおいケアをすることが出来ます。

 

さらに制汗角質ケアの効果もありますので
使い続けることで足環境が整っていき
においが出にくい状態になっていきます。

 

 

厚生労働省に一定の効果が認められている「イソプロピルメチルフェノール」という有効成分が悪玉菌を殺菌して防臭します。

 

ノーノースメルは薬用と表記されている「医薬部外品」です。

 

防臭効果はかなり高いです。

 

 

足のにおいが気になる方は是非お試しください。

 

どこで靴を脱いでも恥ずかしくない様に、家族みんなでにおい・水虫予防をしてみませんか?

 

 

ノーノースメルを使った人の評価もチェックしてみてください

ページの先頭へ戻る